ホーム > 漢方治療
漢方治療

こんな症状の方には、漢方が効果的です ※保険診療です。

小坪内科・消化器内科では、様々な症状に応じて、その方の体質に合った漢方薬の処方を行なっております。

漢方は以下のような症状を対処できる薬です。

・疲れやすい
・だるいなどの体力低下
・胃もたれや便秘
・下痢
・手足のしびれや冷え性
・足がつる
・神経痛
・肩こりや関節痛
・めまい
・耳鳴り
・風邪
・咳が続いているなど喘息系
・頻尿
・花粉症
・不眠症
・イライラ など

即効性のある西洋医学の処方と、身体の芯からじっくり治す漢方医学の処方、それぞれの良さを活かし、患者様にとって最も効果的な処方を考えますので、ご興味のある方はぜひ一度ご相談ください。


【 このような方には、一度漢方治療をおすすめいたします 】
※チェックしてみましょう!

現在服用している薬がなかなか効かない・・・
女性系の病気(更年期と思われる症状や、月経痛)がひどい・・・
胃腸の調子が簡単に弱くなりやすい・・・
冷え症がひどく、疲れやすい・・・
風邪を引きやすい・・・
原因は何かわからないが、常時調子が悪い・・・
西洋薬をたくさん服用しているので、他の薬(漢方薬)などで代用がきくのか、相談してみたい・・・

漢方について

様々な有効成分が含まれる漢方

漢方処方は、生薬の組み合わせから成り立っています。
一つの生薬には、有効成分が一つではなく複数あるため、単独の有効成分からなる西洋薬と同じように効能が1つには限定されません。
ですから、漢方薬は服用する種類を減らせるというメリットもあります。

漢方処方と西洋薬、考え方の違い ~「状態を診断」する東洋医学、「病名を診断」する西洋医学~

一般的に、「西洋薬」は、病名から処方を考えると言われています。
それに対し、「漢方薬」は身体の状態から処方を考えます。

ですから漢方処方の場合は、頭痛薬を処方するのにも、舌を診たり脈やお腹を触ったりするのです。
また、再度同じ人に漢方を処方する場合でも、その時の状態で処方する薬が変わります。

※同じ人の風邪でも、寒気があるときと無いときでは、処方の仕方が違ってくるのです。

まずはお気軽にご相談ください

西洋医学と漢方医学にはそれぞれの良さがあります。

それぞれに、得意・不得意な分野がありますので、症状や必要に応じて、どちらか一方の医学だけを受けるのではなく、併用して治療しましょう。症状によっては、その両方を取り入れた方が効果的な場合もあるのです。

当院では、患者さまの症状がどうすれば早く良くなるかを常に考えて処方いたしております。

ご希望の方は、どうぞお気軽にご相談にいらしてください。