ホーム > 診察のご案内 > 生活習慣病

生活習慣病

生活習慣病とは

生活習慣病とは、「食習慣、運動習慣、休養、喫煙、飲酒等の生活習慣が、その発症・進行に関与する疾患群」と定義されています。昔は年齢を重ねるとともに、徐々に進行し発症すると考えられていたので、「成人病」と呼ばれていました。
しかし現在では、若い人でも発症し、子供の頃からの不健康な生活習慣の蓄積が発症に大きく関わっていることがわかり1996年に、「生活習慣病」という呼び名に変わりました。

生活習慣病の怖い点は、徐々に動脈硬化が進行するため、はじめのうちは自覚症状が無いことです。
悪化すると腎機能障害や脳梗塞、心筋梗塞、血行障害など、様々な合併症を引き起こし、命さえも脅かす恐ろしい病気です。
そのため、予防としての検診などをうけ、早いうちから適切なコントロールを続けていくことが重要となります。

また、日頃から適度な運動を行ったり、食生活に気を配ったりする心がけも必要です。

生活習慣病疾患について

次の症状・疾患がある方は、受診ください。

  • 高血圧
  • 高脂血症(脂質異常症)
  • 肥満症
  • 糖尿病
  • 痛風
  • 動脈硬化症
  • 脳卒中
  • 心臓病
  • 痛風(高尿酸血症)

など。
患者様の年齢や症状の進行状態に応じて食事療法、運動療法、内服療法を用いて、またそれらを合わせることで、症状・疾患のサポートをいたします。
特別な器具を用いたメディカルダイエットもおすすめです。