ホーム > 診察のご案内 > 消化器内科

消化器内科

胃腸・消化器疾患について

症状に応じて、適切に診察、診断をいたします。
必要に応じて、血液検査、レントゲン検査、超音波検査、内視鏡検査を併用します。

次の症状・疾患がある方は、受診ください。

  • 腹痛
  • 下痢
  • 便秘
  • 食中毒
  • 胃痙攣
  • 胃下垂
  • 胃もたれ
  • 心窩部(みぞおち)の痛み
  • 過敏性腸症候群
  • 逆流性食道炎
  • 急性・慢性胃炎
  • 胃・十二指腸潰瘍
  • 肝機能障害(肝炎、肝硬変、脂肪肝など)
  • 胆石
  • 脂肪肝
  • 肝硬変
  • 急性腸炎
  • B型肝炎
  • 炎症性腸疾患
  • C型肝炎

などが対象となります。消化器手術後の経過観察も行っています。

痛みの少ない上部内視鏡検査について

ポリープ、炎症、癌などの病変は、早期発見と早期治療が大切です

ポリープ、炎症、癌などは、早期発見・早期治療開始が重要となる病気です。
そのためにも、内視鏡検査を定期的に受けることをおススメしています。
胃カメラは苦しいというイメージをお持ちの方が多いと思いますが、当院では、細く(5.9mm)柔らかい内視鏡を準備しております。また、鼻から入れる経鼻内視鏡で行いますので、従来の胃カメラよりも苦痛が少ないと言われております。

次のような方は、内視鏡の検査を受けられることをお勧めいたします。

胃カメラ
・食欲不振をもたらすほどの胃のもたれや痛み
・胸がやける
・胸がつかえる
・赤黒い便がでる
・吐き気が続く
・体重減少
・原因不明の貧血
・食欲低下
・慢性胃炎がある
・胃の病気が多い家系

内視鏡検査で見つかる病気

  • 食道 ・・・食道炎、食道がん、食道静脈瘤など
  • 胃 ・・・慢性胃炎、びらん、胃潰瘍、胃ポリープ、胃がん、胃粘膜下腫瘍など
  • 十二指腸 ・・・十二指腸潰瘍、十二指腸がんなど